雨漏り工事とは?




住宅でかかえる問題の中でもっとも厄介なのが雨漏りです。

雨漏りは室内に漏れてきて目にわかる雨漏りと、雨漏りしてるけど表面には出ずに内部を腐らせてしまう雨漏りがあります。

雨漏りは重力の関係で、上から下に水が流れる(漏る)のが基本ですが、大まかに二つのタイプがあります。

1箇所 複数個所
1箇所埋めれば止まる 全て修繕しないと止まらない

ざっくりとこのように分かれます。

1箇所であれば工事費用は数千円~2万円程度で対応が可能です。

穴の大きさにもよりますが、穴を塞ぐ工事を行い完了です。

問題は複数箇所の場合です。全ての箇所が判断つけば全ての箇所を修繕すれば止まりますが、全体的にひび割れがある場合など劣化が激しい場合は、細かい色々な箇所から少しずつ漏れた物が集まって、目に見える形になる場合もあります。

このような場合ですと、全体を工事するなどの対応を行わないと雨漏りは止まりません。

全体ともなると、屋根交換など大きなお金がかかり、1箇所とは異なり数万から数百万と金額が多きくなります。

優れた雨漏りの職人さんと、場所の特定をすることに優れているのではなく、雨漏りの状況からどのような修繕を行うべきか?どれくらい工事をしておくべきか?など今回の対応だけではなく先を見据えた対応も考えてくれるものです。

築年数の新しい家では、雨漏り箇所のみの修繕で問題ないですが、築20年・30年ともなるの色々な箇所が修繕の時期にくるので、屋根・外壁・バルコニーといたる所から順々に壊れていくものです。

雨漏りが発生した場合には、ご自宅の近くから遠くまで複数の業者さんに連絡し、必ず相見積もりを取り複数の業者さんの意見を聞く事をオススメします。修繕のセカンドオピニオンです。


関連記事


外壁塗装業者ランキング


おすすめ記事