談合業者には注意

最近、リニアの問題以降も建築系の新聞に目を通すとどんどん出てくる入札談合事件。

この談合事件にかかわっている業者には注意が必要です。

 

入札とは

話の基本となる入札ですが、入札とは国の税金などで工事をする案件を誰が工事をするのかを決める方法です。

年間20兆円以上とも言える金額です。よく、談合を取り上げた政治家が多いのは、本来10兆円でできる仕事も国がやる場合は20兆円にもなり、莫大な税金が使われております。

この事に、地方議員や区議会議員は『談合を無くせ!』なんて叫んでる人も多いと思います。

 

談合とは

入札は一番良い条件の業者に工事をお願いするという仕組みです。そこで入札に参加する業者が事前に相談し合い工事を分けたり賄賂などでお金稼ぎをしております。

設定金額 A社 B社 C社 D社
1,000万円 980万円 985万円 990万円 995万円

このような形で、設定金額ギリギリで高い費用で工事を請けます。

A社が、協力してくれたB・C・D社に賄賂(お金)を渡したり、次の工事では譲るなどし地域の会社が繋がって工事を高値で請け負います。

本来、800万円!うちは750万円でやるよー!なんて会社があっても良いはずです。

 

入札の実態

専門各所に確認すると9割以上が談合があると言われる入札です。これは大手ゼネコンに限らず中小企業でも言えます。このような大きな工事を請けても入札に参加しているほとんどの企業は、下請けに業務を委託します。

 

入札工事の実態

A社は980万円で工事を請けたら、下請け業者のE社に800万円で工事をお願いします。そのE社がそのまま工事を行うこともありますが、ほとんどがE社がF社に700万円で工事をお願いします。F社がG社にお願いする事もあれば、そのままF社が施工する事もあります。

このように本来、700万円で工事をお願いする事ができた案件で、何も行わずに280万円が各社の懐に入ります。

談合業者になぜ気を付けるのか?

施工実績に、官公庁の施設など記載している会社は多いと思います。学校や役所などです。

パッと見てしまうと、この会社はすごい会社だ!安心できると思いませんか?

だけど実態は、評判や施工技術があって工事を請けているのではなく、賄賂など談合あって工事を請けている会社です。

このような業者は、お客様から『取れるだけ取る』が基本です。工事代金は高く使用材料は一昔前の材料や工法が多いでしょう。

 

見分け方

集客をどうやって行っているかを確認する。

  • チラシ配り
  • 新聞などの広告
  • CM
  • 看板
  • ホームページ
  • WEB広告
  • 紹介
  • 説明会
  • 入札

主に上記の方法で、建築業では仕事を受けております。

この集客方法が1ヵ月でどのくらいの費用を使うか?と言いますと下記のようになります。

  • チラシ配り・・・・・【10~30万円】
  • 新聞などの広告・・・・・【10~100万円】
  • CM・・・・・【50万円~】
  • 看板・・・・・【数千~20万円】
  • ホームページ・・・・・【数千~5万円】
  • WEB広告・・・・・【100~300万円】
  • 紹介・・・・・【無料】
  • 説明会・・・・・【数万~20万円】
  • 入札・・・・・【無料】

このようになります。新聞広告、CM、WEB広告を使っている会社は、費用が高くなります。

今の時代、ホームページがない業者やホームページの更新がほとんどない業者には注意をしてください。

また、職人など従業員や代表の顔が出ていない会社も怪しいと言って良いでしょう。

悪徳業者の見分け方として、まず自信で会社のHPを細かく確認し、実体のある会社か?見てから問い合わせをします。

ニュース

「誤送信」で談合発覚 造園4業者を指名停止 千葉・松戸市

千葉県職員の入札情報漏洩

官製談合の疑いで波佐見町係長逮捕

宮城県職員8人以上が再就職


関連記事


外壁塗装業者ランキング


おすすめ記事