長期修繕計画は100年の時代

大規模修繕の長期修繕計画は30年で組まれている事が一般的です。

国土交通省のひな形サンプルが30年のためマンションの購入時は30年の修繕計画で組みそこに合わせて修繕積立金も値上げの予定などを行います。

とは言え、売却がしにくくなるので修繕積立金は最初は安くしておき、数年後に値上げとして組むことが多いです。

予め50年・100年で長期修繕計画を組むと大規模修繕も2回だけではなく、4~6回と予定を組めるので先を見据えた計画ができます。

参考記事:https://www.re-port.net/article/news/0000059658/